フリー用のデッキと大会用のデッキって構築が変わってくるのか
http://houkagotime.blog117.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2012.09.14.Fri(15:15)
ミラクル・フュージョン

 

最近ミラクル・フュージョンが強いのか微妙になってきました。
たしかにエクスカリバーの登場でミラクル・フュージョンの発動タイミングが増えましたが、逆にエクスカリバーの登場でミラクル・フュージョンの出番が激減してしまったのも事実です。

今までミラクル・フュージョンを採用していた最大の理由は『手軽に出せる大きい打点』でしたが、エクスカリバーで『手軽に出せる大きい打点』の専売特許が無くなりミラクル・フュージョンのデメリットである『墓地にE・HERO+モンスター』が目立ってきました。
エクスカリバーの効果を使用した後に連続してミラクル・フュージョンを打てるメリットもいざ実践してみるとエクスカリバー一体で解決できるケースも方が多く、融合モンスターがただの打点要因となっています。
打点要因としてもエクスカリバー+ミラクル・フュージョンだとどうても7200が限界なのが一番ツラい点です。


また【アライブHERO】の代表的なプレイングの一つとして先行ショックルーラー挙げられるがショックルーラーのORUは一つづつしか消費できないのでミラクル・フュージョンが打てるタイミングは早くてもショックルーラーを召喚した返しターンしかもショックルーラーの効果発動後になります、更にミラクル・フュージョンとタイミングの関係で返しのショックルーラーが宣言できるのはモンスターか罠のどっちかになります。
モンスター宣言した場合、相手のエンドフェイズまでシャイニングとアブソルートZeroの効果が発動できない状況に陥ってしまいます。
このジレンマが思った以上にツラくショックルーラーともミラクル・フュージョンは噛みあっていません。


と今まで書き続けた事は
・エクスカリバーとミラクル・フュージョンでは8000には届かない
・ショックルーラーを出すとミラクル・フュージョンが使いづらい
とほんの些細な事ですがプレイヤーとしては気になってしまいます。 
スポンサーサイト

 

 

 

 

2012.09.08.Sat(22:29)
公認大会に参加しました。

 

30人前後の公認大会に出場したのですが...なんと優勝してしまいました。
デッキレシピはだいたい前の記事と同じです。
レポートだけ簡単に投下しておきます。

使用デッキ【アライブHERO】
一回戦 (シード)

二回戦 【水精鱗】
×○○
後攻スタート
一戦目はブラフをガン伏せてその中にスタロ仕込んだらスフィアで整えてられて、アビス+竜騎兵でライフを持って行かれる。
二戦目は負け先スタート、エアーバブルバブルでショックルーラーでモンスター効果を宣言して三ターンかけてバックの布陣を整えて勝ち。(しかし、それが勝因と言うよりもショックルーラーからライフを守る為に相手が海皇を壁に使った事が原因だと思われる。)
三戦目はサイドから投入した「ソウル・ドレイン」が刺さって勝ち海皇とリクルーターを無力化できればHEROに有利にデュエルを進められる事ができる事が判明。

三戦目 【旋風BF】
×○○
後攻スタート
一戦目は先行ライオウをされて手札のエマと増援が腐り、仕方なくミラフォを伏せて反応を待ったらサイクで割られて召喚したブラストとライオウで追い打ちされ何もできずに負け。
二戦目は3ターン前後罠で相手モンスターを対応した後、リビデ+エマ+バブルでブレハとエクスカリバーとエアーマンでライフを削りに行ったらカルートで耐えられたがそのまま押し切って勝ち。
三戦目はエアーマンをリビデで二回蘇生で一回使い回しショックルーラー、エクスカリバー×2の布陣で勝ち。

準決勝 【カラクリ】
○○-
先行スタート
一戦目エアーマン召喚してオーシャンサーチしたら相手はセットエンドしたので返しにオーシャン召喚してそのままエンドしたら無礼怒と919で殴ってきたのでミラフォを打ったら神宣で返され無礼怒スタダの構えでエンドされる。次のターンにバブル二体でエクスカリバー作った後にミラクルでアブZeroを作りZero自爆特攻→エクスカリバー直接で終了
二戦目はガン伏せして待ち構えたらシンクロして来なくなり、リクルーターでライフを削りに来たので激流葬でリクルーターを流してふつうにビートして勝ち。

決勝 【ジャンクドッペル】
×○ EX○
一戦目セットライコウのせいでこちらは攻められず、あちらはこちらのバッグのセットのせいで攻められずgdgdになる。最終的にこちらのギミックが切れて終わり(モンスターがデッキにいなくなる)
この一デュエルだけで大体25分程度かかりました。
二戦目やはりデッキの相性なのかgdgdになるが最終的にエメメでギミックを蘇生させてエアー召喚からのエクスカリバーで勝利。
この時点でEXターン突入、どちからか一方がライフ変動で勝負が決まるという滅茶苦茶なデュエルにw
メインから投入してた「魔法の筒」が相手のライコウの攻撃を跳ね返して勝利。

結果優勝ですたw

では明日も大会に行ってきます! 

 

 

 

 

2012.09.04.Tue(00:21)
新環境とこれからのHERO

 

しばらくブログを更新していなかったのですが、別に遊戯王をやっていなかったという訳ではありません。
ブログを書けるほどの情報量が無かったのです。

つまり...負けても対策云々とか考えてなかった訳なんですね。
【水精鱗】に関しては特に対策が必要だっていうのに。(プレイング的な意味も構築的な意味も)

話は変わりますが、前環境の主な使用デッキは【光デュアル】→【アライブHERO】を使っていました。
と言っても性格上【アライブHERO】とは合わず本来の60%程度しか引き出せなかったですけどねw
なので今環境でも【アライブHERO】を使い続けるつもりです。

【アライブHERO(リビデ軸)】
■モンスター(8枚)
E・HERO エアーマン×1枚
E・HERO オーシャン×1枚
E・HERO バブルマン×3枚
カードカー・D×2枚
BF-精鋭のゼピュロス×1枚

■魔法カード(13枚)
E-エマージェンシーコール×2枚
大嵐×1枚
強欲で謙虚な壺×2枚
サイクロン×3枚
死者蘇生×1枚
増援×1枚
月の書×1枚
ナイト・ショット×2枚
ヒーローアライブ×2枚
ブラック・ホール×1枚
ミラクル・フュージョン×2枚

■罠カード(14枚)
神の警告×2枚
神の宣告×1枚
激流葬×2枚
スターライト・ロード×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-×2枚
奈落の落とし穴×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚

■EXカード(15枚)
【エクシーズモンスター:10枚】
インヴェルズ・ローチ×1枚
ヴェルズ・ウロボロス×1枚
機甲忍者ブレード・ハート×1枚
交響魔人マエストローク×1枚
ダイガスタ・エメラル×1枚
No.16 色の支配者ショック・ルーラー×1枚
No.39 希望皇ホープ×1枚
No.50 ブラック・コーン号×1枚
H-C エクスカリバー×2枚
ラヴァルバル・チェイン×1枚

【シンクロモンスター: 1枚】
スターダスト・ドラゴン×1枚

【融合モンスター:3枚】
E・HEROアブソルートZero×1枚
E・HERO The シャイニング×1枚
E・HERO Great TORNADO×1枚 

 

 

 

 

2012.05.08.Tue(22:13)
【光デュアル】→【バブル軸HERO】

 

ここ最近デュアルスパークが弱いと感じる。
打つスパークは強いと思うが、打たされるスパークほど心細いものはない。
と感じたので構築を大きく変えてみた。

■モンスター(13枚)
エフェクト・ヴェーラー×2枚
E・HERO アナザー・ネオス×2枚
E・HERO エアーマン×1枚
E・HERO バブルマン×2枚
オネスト×1枚
白銀のスナイパー×2枚
フォトン・スラッシャー×2枚
冥府の使者ゴーズ×1枚

■魔法カード(17枚)
E-エマージェンシーコール×3枚
大嵐×1枚
強欲で謙虚な壺×2枚
サイクロン×2枚
死者蘇生×1枚
戦士の生還×2枚
増援×1枚
月の書×1枚
ブラック・ホール×1枚
ミラクル・フュージョン×3枚

■罠カード(10枚)
神の警告×2枚
神の宣告×1枚
強制脱出装置×2枚
激流葬×2枚
連鎖除外×1枚
ヒーロー・ブラスト×2枚

■EXカード(15枚)
【エクシーズモンスター:8枚】
インヴェルズ・ローチ×1枚
ヴェルズ・ウロボロス×1枚
機甲忍者ブレード・ハート×1枚
交響魔人マエストローク×1枚
ダイガスタ・エメラル×1枚
No.50 ブラック・コーン号×1枚
No.16 色の支配者ショック・ルーラー×1枚
H-C エクスカリバー×1枚

【シンクロモンスター:1枚】
A・O・J カタストル×1枚

【融合モンスター:6枚】
E・HEROアブソルートZero×1枚
E・HEROエスクリダオ×1枚
E・HEROガイア×1枚
E・HERO The シャイニング×1枚
E・HERO Great TORNADO×1枚
E・HEROノヴァマスター×1枚


H-C エクスカリバーの登場で摩天楼-スカイスクレイパー-無しで4000点に手が届くようになったのはE・HEROバブルマンを採用するのに十分すぎるほどの理由となりました。
問題点としてはやはりバブルマンと手札誘発系カードの兼ね合いが気になります。

まだ試作段階ってレベルです。

以下コメ返信 

>>>Read more

 

 

 

 

2012.02.07.Tue(01:50)
【光デュアル】とヴェルズ・サンダーバード

 

昨日(正確には一昨日)の大会の出場する為に【光デュアル】の採用するモンスター枠で悩んでいましたが、最終的にヴェルズ・サンダーバードで安定しました。

■モンスター(12枚)
ヴェルズ・サンダーバード×2枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
E・HEROアナザー・ネオス×3枚
E・HEROエアーマン×1枚
E・HEROキャプテン・ゴールド×1枚
オネスト×1枚
冥府の使者ゴーズ×1枚

■魔法カード(17枚)
E-エマージェンシーコール×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚
死者蘇生×1枚
増援×1枚
超融合×2枚
月の書×1枚
デュアルスパーク×3枚
摩天楼-スカイスクレイパー-×1枚
ミラクル・フュージョン×2枚
ブラック・ホール×1枚

■罠カード(11枚)
因果切断×1枚
神の警告×2枚
神の宣告×1枚
激流葬×1枚
聖なるバリア-ミラーフォース-×1枚
ダスト・シュート×1枚
連鎖除外×1枚
奈落の落とし穴×1枚
ヒーロー・ブラスト×2枚


前の記事でも書いた通り、他にも候補がありましたが【光デュアル】そのものが、
「相手を止めて、その隙に殴る」
デッキなので欲しいモンスターが、
「殴れる時に殴れるモンスター」
が欲しいですよ。

となると前回候補であった
ライオウは生きるメタカードとして優秀なのですが攻める面では1900打点である。
自身を特殊召喚、破壊耐性がないので欲しいモンスターではない。(コレ以上にハイスペックであったらブッ壊れクラスですw)

特殊召喚できる点を考えるとフォトン・スラッシャーは単体2100あり、戦士族なのでアナザーネオスとでブレードハートになります。
たしかに欲しいモンスターであるんですけど使い切りモンスターなので70点程度でしょうか?

長持ちするモンスターを考えると真っ先に浮かぶのがTGなんですが、TGだけにモンスター枠を多く割けないので40点ぐらいです。

で、最後に自身をリムーブ・エスケープ可能なヴェルズ・サンダーバードが候補に挙がります。
自身の効果によって除去される事が滅多に無く、尚且つ1950打点モンスターとして活躍するので殴れる時に最低でも2000点近く、アナザーネオスもいれば3850点与える事が出来ます。
個人的にイメージがピッタリだったので今回はヴェルズサンダーバードを採用しました。 

 

 

 

ろしあ

Author:ろしあ
遊戯王関連の雑談ならどんどん振ってください←

スカイプもやっているので希望の人はコメント蘭に書いてもらえればこちらからコンタクトを送ります。
とにかく遊戯王が好きな人なので絡んでくれる程うれしいです。

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 現実の非常口, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。