フリー用のデッキと大会用のデッキって構築が変わってくるのか
http://houkagotime.blog117.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2013.03.07.Thu(01:41)
カラクリ ギャラクシトマホーク軸

 

メイン 40枚
モンスター(22枚)
エフェクト・ヴェーラー*3
カラクリ小町 弐弐四*3
カラクリ参謀 弐四八*2
カラクリ商人 壱七七*3
カラクリ樽 真九六*3
カラクリ忍者 九壱九*3
カラクリ兵 弐参六*3
厳征竜-レドックス*2

魔法(11枚)
簡易融合*3
大嵐*1
借カラクリ蔵*2
サイクロン*3
死者蘇生*1
リミッター解除*1

罠(7枚)
神の警告*1
神の宣告*1
聖なるバリア-ミラーフォース-*2
盗賊の七つ道具*3

EX 15枚
融合モンスター(1枚)
メカ・ザウルス*1

エクシーズモンスター(5枚)
ガガガガンマン*1
幻獣機ドラゴサック*1
発条機雷ゼンマイン*1
No.11 ビッグ・アイ*1
No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク*1

シンクロモンスター(9枚)
A・O・J カタストル*1
ナチュル・ビースト*1
カラクリ将軍 無零*3
カラクリ大将軍 無零怒*3
閃珖竜 スターダスト*1 
スポンサーサイト

 

 

 

 

2013.01.27.Sun(00:09)
No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク

 

※この【カラクリ】はフリー用のデッキです。
その為、環境のデッキに有利とかサイドの事を考えずに構築しておりますのでご了承を。

私は【カラクリ】の機械複製術から無礼怒を大量にシンクロ召喚をして大量のアドバンテージを稼ぐのが好きだったのですが、最近登場した「No.42スターシップ・ギャラクシー・トマホーク」の登場により機械複製術を
使用しなくても無礼怒を大量にシンクロ召喚できるようになったのでご報告を。

遊戯王wiki「《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》 」より引用

手札に《カラクリ小町 弐弐四》とレベル4のカラクリと《緊急テレポート》が有れば《カラクリ将軍 無零》2体をシンクロ召喚し、このカードを出せる。
 その際に《カラクリ樽 真九六》をリクルートしトークンとで《カラクリ大将軍 無零怒》をシンクロ召喚すれば、効果で《カラクリ樽 真九六》をリクルートして《カラクリ大将軍 無零怒》を最大3体出せる。
 その後に《カラクリ大将軍 無零怒》の効果で《カラクリ参謀 弐四八》をリクルートして表示形式を変更すれば、3体の《カラクリ大将軍 無零怒》の効果で3枚のドローが可能。

 更に《カラクリ大将軍 無零怒》3体から《熱血指導王ジャイアントレーナー》をエクシーズ召喚すれば効果でさらに3枚ドローとランダムだがバーンでダメージを与える事ができ、効果でバトルフェイズが行えないのでこのカードのデメリットは相殺される。
 とはいえ【カラクリ】であってもこのコンボはエクストラデッキの枠を7枚も使用し、《カラクリ樽 真九六》が手札に来るとその枚数分シンクロ召喚できる数が減ることとなり、問題点も多い。
 もしくはトークン展開後のこのカードを除外して《異次元の精霊》を出し、《カラクリ将軍 無零》をシンクロ召喚する手もある。

赤字で書いてある事を要約すると無礼を2体並べたら、無礼怒が最大で三体並ぶことになります。
つまりギャラクシー・トマホーク自体が機械複製術の役割を果たしている訳です。
また、このギミックはメリットは機械複製術と比べスペースをとりません。
機械複製術のギミックを詰め込んでいる場合、
機械複製術×3
カラクリ忍者 七七四九×2
計5枚ですが、
ギャラクシー・トマホークのギミックの場合は、
カラクリ樽 真九六×3
計3枚だけなので、そのスペースに除去などのカードを積むこと可能です。

そしてこのギミックの最大のメリットはアクセスのし易さです。
機械複製術のギミックの場合はどうしても機械複製術を引く必要がありましたが、
ギャラクシー・トマホークの場合は特定のカードで動くわけではないので、格段にアクセススピードが違います。
例をあげると
・小町+レベル4カラクリ+緊テレ
・小町+レベル4カラクリ+死者蘇生
・緊テレ+レベル4カラクリ×2
・樽+簡易融合+レベル4カラクリ(ただし無礼怒が二体で2枚ドロー)
と数多くの組み合わせがあります。
さらにギャラクシー・トマホークの効果は戦闘ダメージを与えた後も発動できるので、
相手の場に攻守どちらかが1600以下のモンスターがいる前提の話ですが、
小町+レベル4のカラクリでアクセスも可能になります。

今回のGSでナチュビとブラロが再録され、ギャラクシー・トマホーク自体も今であれば520円で買えるので、
このギミックを積んだ【カラクリ】は非常に安価にできます。
是非この機会に組んではいかがでしょうか? 

 

 

 

 

2012.09.14.Fri(15:15)
ミラクル・フュージョン

 

最近ミラクル・フュージョンが強いのか微妙になってきました。
たしかにエクスカリバーの登場でミラクル・フュージョンの発動タイミングが増えましたが、逆にエクスカリバーの登場でミラクル・フュージョンの出番が激減してしまったのも事実です。

今までミラクル・フュージョンを採用していた最大の理由は『手軽に出せる大きい打点』でしたが、エクスカリバーで『手軽に出せる大きい打点』の専売特許が無くなりミラクル・フュージョンのデメリットである『墓地にE・HERO+モンスター』が目立ってきました。
エクスカリバーの効果を使用した後に連続してミラクル・フュージョンを打てるメリットもいざ実践してみるとエクスカリバー一体で解決できるケースも方が多く、融合モンスターがただの打点要因となっています。
打点要因としてもエクスカリバー+ミラクル・フュージョンだとどうても7200が限界なのが一番ツラい点です。


また【アライブHERO】の代表的なプレイングの一つとして先行ショックルーラー挙げられるがショックルーラーのORUは一つづつしか消費できないのでミラクル・フュージョンが打てるタイミングは早くてもショックルーラーを召喚した返しターンしかもショックルーラーの効果発動後になります、更にミラクル・フュージョンとタイミングの関係で返しのショックルーラーが宣言できるのはモンスターか罠のどっちかになります。
モンスター宣言した場合、相手のエンドフェイズまでシャイニングとアブソルートZeroの効果が発動できない状況に陥ってしまいます。
このジレンマが思った以上にツラくショックルーラーともミラクル・フュージョンは噛みあっていません。


と今まで書き続けた事は
・エクスカリバーとミラクル・フュージョンでは8000には届かない
・ショックルーラーを出すとミラクル・フュージョンが使いづらい
とほんの些細な事ですがプレイヤーとしては気になってしまいます。 

 

 

 

 

2012.09.08.Sat(22:29)
公認大会に参加しました。

 

30人前後の公認大会に出場したのですが...なんと優勝してしまいました。
デッキレシピはだいたい前の記事と同じです。
レポートだけ簡単に投下しておきます。

使用デッキ【アライブHERO】
一回戦 (シード)

二回戦 【水精鱗】
×○○
後攻スタート
一戦目はブラフをガン伏せてその中にスタロ仕込んだらスフィアで整えてられて、アビス+竜騎兵でライフを持って行かれる。
二戦目は負け先スタート、エアーバブルバブルでショックルーラーでモンスター効果を宣言して三ターンかけてバックの布陣を整えて勝ち。(しかし、それが勝因と言うよりもショックルーラーからライフを守る為に相手が海皇を壁に使った事が原因だと思われる。)
三戦目はサイドから投入した「ソウル・ドレイン」が刺さって勝ち海皇とリクルーターを無力化できればHEROに有利にデュエルを進められる事ができる事が判明。

三戦目 【旋風BF】
×○○
後攻スタート
一戦目は先行ライオウをされて手札のエマと増援が腐り、仕方なくミラフォを伏せて反応を待ったらサイクで割られて召喚したブラストとライオウで追い打ちされ何もできずに負け。
二戦目は3ターン前後罠で相手モンスターを対応した後、リビデ+エマ+バブルでブレハとエクスカリバーとエアーマンでライフを削りに行ったらカルートで耐えられたがそのまま押し切って勝ち。
三戦目はエアーマンをリビデで二回蘇生で一回使い回しショックルーラー、エクスカリバー×2の布陣で勝ち。

準決勝 【カラクリ】
○○-
先行スタート
一戦目エアーマン召喚してオーシャンサーチしたら相手はセットエンドしたので返しにオーシャン召喚してそのままエンドしたら無礼怒と919で殴ってきたのでミラフォを打ったら神宣で返され無礼怒スタダの構えでエンドされる。次のターンにバブル二体でエクスカリバー作った後にミラクルでアブZeroを作りZero自爆特攻→エクスカリバー直接で終了
二戦目はガン伏せして待ち構えたらシンクロして来なくなり、リクルーターでライフを削りに来たので激流葬でリクルーターを流してふつうにビートして勝ち。

決勝 【ジャンクドッペル】
×○ EX○
一戦目セットライコウのせいでこちらは攻められず、あちらはこちらのバッグのセットのせいで攻められずgdgdになる。最終的にこちらのギミックが切れて終わり(モンスターがデッキにいなくなる)
この一デュエルだけで大体25分程度かかりました。
二戦目やはりデッキの相性なのかgdgdになるが最終的にエメメでギミックを蘇生させてエアー召喚からのエクスカリバーで勝利。
この時点でEXターン突入、どちからか一方がライフ変動で勝負が決まるという滅茶苦茶なデュエルにw
メインから投入してた「魔法の筒」が相手のライコウの攻撃を跳ね返して勝利。

結果優勝ですたw

では明日も大会に行ってきます! 

 

 

 

 

2012.09.04.Tue(00:21)
新環境とこれからのHERO

 

しばらくブログを更新していなかったのですが、別に遊戯王をやっていなかったという訳ではありません。
ブログを書けるほどの情報量が無かったのです。

つまり...負けても対策云々とか考えてなかった訳なんですね。
【水精鱗】に関しては特に対策が必要だっていうのに。(プレイング的な意味も構築的な意味も)

話は変わりますが、前環境の主な使用デッキは【光デュアル】→【アライブHERO】を使っていました。
と言っても性格上【アライブHERO】とは合わず本来の60%程度しか引き出せなかったですけどねw
なので今環境でも【アライブHERO】を使い続けるつもりです。

【アライブHERO(リビデ軸)】
■モンスター(8枚)
E・HERO エアーマン×1枚
E・HERO オーシャン×1枚
E・HERO バブルマン×3枚
カードカー・D×2枚
BF-精鋭のゼピュロス×1枚

■魔法カード(13枚)
E-エマージェンシーコール×2枚
大嵐×1枚
強欲で謙虚な壺×2枚
サイクロン×3枚
死者蘇生×1枚
増援×1枚
月の書×1枚
ナイト・ショット×2枚
ヒーローアライブ×2枚
ブラック・ホール×1枚
ミラクル・フュージョン×2枚

■罠カード(14枚)
神の警告×2枚
神の宣告×1枚
激流葬×2枚
スターライト・ロード×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-×2枚
奈落の落とし穴×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚

■EXカード(15枚)
【エクシーズモンスター:10枚】
インヴェルズ・ローチ×1枚
ヴェルズ・ウロボロス×1枚
機甲忍者ブレード・ハート×1枚
交響魔人マエストローク×1枚
ダイガスタ・エメラル×1枚
No.16 色の支配者ショック・ルーラー×1枚
No.39 希望皇ホープ×1枚
No.50 ブラック・コーン号×1枚
H-C エクスカリバー×2枚
ラヴァルバル・チェイン×1枚

【シンクロモンスター: 1枚】
スターダスト・ドラゴン×1枚

【融合モンスター:3枚】
E・HEROアブソルートZero×1枚
E・HERO The シャイニング×1枚
E・HERO Great TORNADO×1枚 

 

 

 

ろしあ

Author:ろしあ
遊戯王関連の雑談ならどんどん振ってください←

スカイプもやっているので希望の人はコメント蘭に書いてもらえればこちらからコンタクトを送ります。
とにかく遊戯王が好きな人なので絡んでくれる程うれしいです。

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2016 現実の非常口, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。